トップページ

ようこそ、広石眼科のホームページへ。

広石眼科は、昭和6年より北九州市小倉北区の現地にて開業し80年以上になります。これからも、地域医療に貢献できるようにがんばっていきたいと思います。
眼科専門医により、安心・安全・正確な診断・診察・治療をうけることができます。

 

お知らせ

  • 令和1年7月26日(金)、令和1年9月20日(金)と10月7日(月)の午前中の副院長診察はありません。院長診察のみになります。待ち時間が長くなるかもしれません。ご了承ください。
  • 8月13日(火)から8月15日(木)までお盆のお休みとさせていただきます。ご了承ください。
  • 令和1年 8月27日(火)、9月10日(火)の午後 はコンタクトレンズ再来があります。コンタクトレンズ以外の患者さんは、この日以外に来ていただけると待ち時間が短くてすみます。ご了承ください。
  • 10月5日(土)は都合により休診とさせていただきます。ご了承ください。
  • 新しい広角眼底カメラ(Daytona:optos)を導入しました。従来の眼底カメラは、眼底のごく1部しか撮影できませんでしたが、この機種は眼底の周辺部まで撮影することができます。詳細は院内設備を参照ください。(平成31年3月)
  • 当院は、平成30年11月より、先進医療認定施設に認定されました。これにより多焦点眼内レンズを用いた白内障手術(水晶体再建術)を当院で受ける場合、生命保険の先進医療特約を使用することができます。多焦点眼内レンズを使用した白内障手術を希望される方は、当院に問い合わせください。
  • 今までハンフリー(静的)視野検査は予約なしで施行していましたが、待ち時間短縮のため予約でさせていただきます。ハンフリー(静的)視野検査を希望される方は、電話で問い合わせください。(平成30年12月)
  • 近視治療(オルソケラトロジー)を開始しました。これは、就寝時に特殊なコンタクトレンズを用いて角膜表面を変化させ、日中はコンタクトレンズを外しても見えるようにすることができるようにする治療です。近視進行予防にもなるとも言われています。ご希望される方は電話で問い合わせください。詳細は治療方針のページを参照してください。(H30年6月)
  • まつ毛の付け根には涙の蒸発を防ぐために油を分泌するマイボーム腺があります。これが詰まるとドライアイになったりものもらいの原因になったりダニが付くこともあります。これを防ぐためにはまつ毛の付け根を清潔に保つことが重要です。まつ毛を洗浄する専用のアイシャンプーがあります。当院で販売していますのでご希望の方は受付に問い合わせてください。(平成30年11月)
  • H30年5月14日より、月曜午後の副院長診察は、午前中に変更します。よって、副院長診察は、月、火、金の午前中になります。お急ぎの方は、月、火、金の午前中に来院してください。待ち時間が多少短くなります。院長診察は今まで通りです。月、水の午後手術が早く終了した時には、外来診察をしますので、診察を希望される方は、電話で問い合わせください。
  •  新しい静的視野検査機械(ハンフリーフィールドアナライザー3(840)/ZEISS)を導入しました。より短時間で正確に測定できる方法が導入されています。また、視野進行解析プログラムが内蔵していますので緑内障治療の選択や将来の視野進行の予測をすることができるようになりました。(H30年2月)
  • 最新式の、網膜硝子体・白内障手術機械(Stellaris PC・Bousch+Lomb)を導入しました。白内障手術については、切開創1.8mmの小切開白内障をすることができ、またStable Chamber Tubingシステムを搭載し、安全性の高い手術を することが可能になっています。硝子体手術については、硝子体カッターの回転数は5000cpmまで可能で、また25G (小切開)硝子体手術も可能で安全性の高い手術をすることができます。(H29年5月)
  • ビジュアルファンクショントレーナー(ORTe、JFC)を導入しました。この機種は、斜視や弱視の患者さんに対して同時視、融像、立体視などの両眼視機能検査をパソコンの画面ですることができます。その他、ものが二重に見える患者さんに対して眼球運動検査(HESS)や、視力検査もできますし斜視や弱視の訓練をすることもできます。自動車の2種免許に必要な三桿法もすることができます。(H29年2月)
  • 加齢黄斑変性症に対して予防効果のある、ルテイン(ほうれん草やブロッコリーに多く含まれます)を含むサプリメントの発売を開始しました。サンテルタックス20、サンテルタックス20+ビタミン&ミネラルの2種類あります。割引していますのでご希望の方は受付に問い合わせてください。(平成29年2月)
  • 最新式の、YAGレーザー(タンゴオフサルミックレーザー、ellex社)を導入しました。このレーザーは白内障手術後の後発白内障切開に使用できるだけでなく、緑内障のレーザー治療(SLT)にも使用することができます。これにより、緑内障の治療が、点眼治療、手術治療に加え、レーザー治療にて眼圧を下げることが可能になります。(H28年10月)
  • 最新式の角膜形状解析装置(Wave-Front Analyzer KR-1W :TOPCON)を導入しました。 これにより、強度乱視や円錐角膜の診断や、白内障手術時に使用する眼内レンズの種類(球面レンズ、非球面レンズ、乱視レンズ、多焦点レンズ)の選択を適切にすることができるようになります。また、コンタクトレンズを正確に合わせる時にも有用です。 この機械は、角膜の乱視だけでなく、水晶体の乱視も計測できますので、眼球全体の乱視(収差)を把握することができます。乱視用眼内レンズが正確に眼内に入っているかどうか把握することができます。(H26年12月)
  • 最新式のOCT(光断層干渉撮影装置:TOPCON)を導入しました。網膜神経節細胞層(GCL)、神経線維層(NFL)を個別に測定することが可能となります。これにより、早期の緑内障診断をすることができます。HRT(視神経乳頭解析装置)、ハンフリー視野検査、FDTフリッカー視野検査、ゴールドマン視野検査、レーザースペックル網膜脈絡膜視神経乳頭血流解析装置、などを組み合わせて、緑内障を総合的に診断治療することができるようになりました。また自発蛍光を測定することができるので、加齢黄斑変性症、網膜色素変性症、中心性網膜症、黄斑円孔などの疾患を、造影剤などを点滴することなくある程度診断することができるようになります。(24年8月)
  • 白内障手術の際に使用する眼内レンズを、乱視が強い患者さんに対して乱視用眼内レンズを導入しました。手術にかかる費用は変わりません。乱視が強くてお困りの方は相談してください。また、多焦点眼内レンズを挿入することもできます(自由診療になります)。
  • 白内障の眼内レンズの度数を決める際に、従来は超音波Aモードのみで決定していましたが、この度、光学式眼軸長測定器(IOLマスター)を導入しました。これにより、より正確に眼内レンズの度数を決定することができます。乱視用眼内レンズとともに、患者さんの希望する距離にピントを合わせることができるようになります。(H23年3月)